バスキュラーアクセスの長期開存を目指すVAIVTとは

  • 座長
    金沢循環器病院
    堀田 祐紀 先生

  • 演者
    佐野厚生総合病院
    浦井 秀徳 先生

  • 演者
    岐阜赤十字病院
    泉 久美子 先生

  • 演者
    洛和会音羽記念病院
    覚知 泰志 先生

  • みなさん、 こんにちは。金沢循環器病院の堀田です。
    今回、Philips Live! VAIVT Seminarで長期開存を目指す
    AngioSculpt PTA balloon (AGS)の有効な使用法につき
    議論します。
    AGSは、らせん状で高さ0.178mmの正方形4本のscoring elementによりスリップを防止し、狭窄部を押し広げ拡張する
    特徴的なバルーンです。
    光干渉断層法を用いた検討では、透析シャント病変に対するこのバルーンによる低圧からの徐々な拡張(slow-inflation)は、内膜損傷を軽減し開存期間の延長を認められています。

申し込みはこちら